The First JrSr International Physician Seminar 開催!

一般社団法人JrSr主催の医学生・研修医を対象にした情熱にあふれた国際的な指導医による第一回セミナーです!

盛会のうちに終了いたしました。

講師詳細プロフィール、および講義内容は こちらからどうぞ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

The First JrSr International Physician Seminar for Students & Residents

第1回 JrSr 米英教育者による学生・研修医セミナ

 

THEME: Medical Education in Japan -- ‘Bedside clinical skills and beyond’: A perspective from international clinician-educators -- ‘outside looking in’

テーマ:国際的臨床教育者の視点から見た日本の医学教育-ベッドサイド臨床能力とその先

 

The unique strengths of this seminar include 1) international passionate clinician-educators living in Japan, 2) small group interactive sessions, 3) emphasizing basic clinical skills (history and physical), and 4) potentially an excellent step to the US training. The key for success of this seminar is not JrSr, not teachers but it is you. You should and can enjoy the seminar by discussion, communication and participation in the seminar, by teaching and learning each other, and by making many friends. It is your seminar for improvement, globalization, prosperity and dream for your future career and your life.

 

日本の医学教育に多大に貢献する米英の医師5名を講師に迎えました。

非常にインタラクティブな内容になっており、臨床留学を目指す方、国際標準の医療を志す方、ことにベッドサイドでの病歴・身体所見の取り方などのスキルを修得したい方には特に有意義なセミナーです。

講師は日本語も多少わかりますが、講義は基本的に英語で行われます。

このセミナーの主役は参加する皆さんです。セミナーでお互い教えあい学びあい、多くの仲間を造り、将来のゴールや夢の達成に向って自身の国際化・能力の向上に役立てて下さい。

 

【日 程】 2017年3月26日(日)

【場 所】 順天堂大学センチュリータワー 〒113-0033 東京都文京区本郷2丁目1−1

【講 師】

Alan Kawarai Lefor M.D., MPH, Ph.D., F.A.C.S.
Professor of Surgery, Jichi Medical University

Joel Branch, BSc, MB, BS, MRCP (UK)
Director of Internal Medicine Education & Simulation Skills Training, Shonan Kamakura General Hospital

Gautam Deshpande, MA, M.D.

Staff physician and Post Medical Advisor, US Embassy
Professor of Behavioral Medicine & Vice dean for International Affairs, St. Luke's International University Graduate School of Public Health

Sandra Moody, M.D., B.S.N.
Professor-in-Residence, Kameda Medical Center

Kris Siriratsivawong, M.D., F.A.C.S.
Lieutenant Commander, Medical Corps, United States Navy
U.S. Naval Hospital Yokosuka Japan

 

【コーディネーター】

Junji Machi, M.D., Ph.D., F.A.C.S.
Professor of Surgery; Assistant Director of Office of Global Health/Medicine, JABSOM, University of Hawaii; Founder, JrSr Corporation

 

【討論参加者】

武田裕子(順天堂大学)、内籐俊夫(順天堂大学)、建部一夫(順天堂大学)、押味貴之(国際医療福祉大学)

 

【プログラム】

0830- : Welcome remarks and self introduction

0900-1200: Small group Cyclones (50 min session X 3 rotations, 10 min break between)

1200-1300: Lunch

1300-1430: Open Discussion/ Q+A

1430- 1600: Informal meeting (in group of each teacher or person-to-person)

 

In the morning, 5 lecturers hold sessions simultaneously. They hold almost the same lecture three times in the morning. Please feel free to write in your specific requests in terms of choices of lectures in questionnaire on application form. The form will be appear on the website in the course of application.

 

午前中は5人の講師が並行して3回同じ内容のセッションを行います。参加者は3つのセッションをローテーションし、一日で3セッション受講できます。(受講できないセッションの講師資料もすべてお渡しし、すべての講師とのディスカッションの時間もあります。)

人数調整のため参加申し込み時に受講希望のアンケートを取っています。基本的には先着を優先し、ご希望を叶える努力をします。しかしながら、どうしても叶えてほしい要望がありましたら参加申し込み時にフォームにご記入ください。

 

 

In the afternoon, during Open Discussion/ Q+A, 5 teachers, 4 discussants and participants get together to discuss Medical Education in Japan, particularly bedside clinical skills with a perspective from global stand of views. Several questions collected before and during the seminar will be addressed. At the end, there is an informal meeting of participants and teachers, in which personal questions are freely asked.

 

Discussion Example:

・Difference in medical education and residency training between Japan and the US/UK.

・Difference in healthcare between Japan and the US/UK.

・How to prepare for the US training.

・What to do now as medical students or residents.

 

午後のプログラム(1300-1430: Open Discussion/ Q+A)は、参加者全員によるディスカッションです。以下のような国際的な視点からの日本の医学教育に関しての議論や、事前に収集した参加者からの質問に対する応答を行います。

テーマ例:

・日本と英国、米国の医学教育および臨床研修の違い

・日本と英国、米国の医療事情の違い

・米国での臨床研修に必要な準備とは

・今、何をするべきか

 

最後(1430- 1600: Informal meeting )に講師と自由に話が出来る個別のミーティングの時間を設けます。

この時に、Dr.Machiがハワイ大学での短期(14週間)見学研修に関して説明し質問にも応じます。現在アメリカでの見学研修はいろいろ条件が増え困難になって来ていますが、ハワイ大学とJrSrの提携のもと条件を満たせば希望に沿ってその機会を作るよう支援します

 

Theme of each lecture and Program PDF will be available on JrSr website in January 2017.

各講師の講義内容およびプログラムのダウンロードはこちら

 

【定 員】 

学生・〈初期〉研修医 100名

指導医・教育者の見学・オブザーバー参加 10名※内容は学生・研修医を対象として想定していますが、一般の医師の参加者としての申し込みも可能です。

※オブザーバー参加希望の指導医・教育者の方へ

申し込み時にはセッションをお選びいただくことが必須の設定になっておりますが、オブザーバーとしてのご参加の方は会期中部屋の移動は自由となります。セッションは仮でご記入頂き、申し込みフォームの最後にオブザーバーの旨をご記載ください。

あるいは事務局にオブザーバであることをお知らせください。

 

【参加費】 医学生 6000円、 医師 8000円(オブザーバーは”医師”を選択ください)

      参加費はOnlineにてクレジットあるいはコンビニでの払い込みとなります。

【お申し込み】 Peatixサイトより  http://ips1.peatix.com

 

【主 催】 一般社団法人JrSr

【共 催】 順天堂大学医学部

【事務局】 一般社団法人JrSr 

       担 当:小山きよ枝

〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-14銀座NKビル8F 

電話:03-6825-8008(月水金1000-1700) FAX:03-3538-3552 

Email:JrSrOffice@gmail.com

お問い合わせは日本語でも大丈夫です。

 

【チラシ】JPEG
IPS-1-3.jpg
JPEGファイル 199.8 KB